同窓会

 

4月24日(土)武蔵野相愛幼稚園の同窓会が開かれました。
今までは、4月末の土曜日の午後、小学1年生・3年生・5年生になった卒園生とお家の方々、そして、旧職員たちも集って行うのが恒例でした。しかし、昨年の4月末は、新型コロナウイルスの感染者拡大による非常事態宣言の期間中でしたので、やむなく中止となりました。
今年も依然として収束の見込みが立たない状況は続いているのですが、昨年度末、「2021年度は、感染予防をしっかりとしながら、全学年の小学生を対象に短い時間でも同窓会を行いましょう」と決定し、春休み中に、各学年の連絡係のお母様にお知らせしました。
 「例年のような会は出来ません。
  内容は、懐かしい讃美歌を歌う・祈る・幼稚園の近況報告・同窓会便りの受け取り
  です。
  会費と返信はいりません。保護者の会はコロナ収束後に。」と。

 

 すると、この連絡を受けたお母様方から、
 「同窓会を企画してくださり、ありがとうございます。
  子どもたちが懐かしいお友だちと楽しいひとときを過ごせますように。」
 「同窓会が開催されるのか気になっていましたが、短時間でもお友達と会えるのはと
  ても嬉しいです。ありがとうございます!」
 「今年は暖かい春で桜が散り始めるのもあっという間でしたね。
  相愛幼稚園の皆さまにとって、素敵な一年になりますように。」
と、次々に嬉しい言葉が返ってきました。

 

 この一年程は、計画通りには進まないことが多くありました。しかし、どのような状況に置かれていても、人と人とのつながりを大切にし、お互いの立場を理解し、喜び、感謝することのできる言葉に、お母様方のマインドセットの素晴らしさを感じて、嬉しくなりました。
 マインドセット(mindset)とは、物事の見方や考え方に対し、自分の持つ思考回路の癖を指す言葉です。マインドセットがポジティブで、しなやかであることは、子育ての上で大変重要です。子どもは、幼少期にポジティブでしなやかなマインドセットを持つ大人からアプローチをされると、自身もポジティブでしなやかなマインドセットを持ち、主体的に喜んで成長する人へと育つからです。

 

 さて、呼びかけに応じて集まった小学生は全部で92名。
 園庭の各所に手指消毒用のアルコールスプレーを設置し、マスクは集合写真のシャッターを切る時以外は、必ず着用することなどの約束をして、1年生、2・3年生、4・5・6年生と3回に分散して行いました。
 どの回も懐かしさと喜びで満たされ、礼拝では、幼稚園で初めて覚えた讃美歌「ことりたちは」を歌いました。
 聖書は、相愛幼稚園の園名の箇所でもある
  「互いに愛し合いましょう」 (Tヨハネ 4章7節)
 また、卒園式の日に読んだ
  「いつも喜んでいなさい。  
   絶えず祈りなさい。
   どんなことにも感謝しなさい。
   これこそ、キリスト・イエスにおいて、
   神があなたがたに望んでおられることです。」(Tテサロニケ 5章16節〜18節)
                       
 を読んで、祈りました。

 

 「主にあって、いつも喜べますように」

                      〔 園長 木ア 曜子 〕

 

5加工後.jpg

 

聖書のことば

「 安心して行きなさい 」

                   〔 マルコによる福音書5章34節 〕